太陽光発電をするデメリット|太陽光発電ソーラードットコム

太陽光発電をするデメリット

曇りや雨、積雪時は発電量が大幅に低下します。

確実に元がとれるとは言っても、設置導入時のコストはまだまだ
1kwあたり40万円〜50万円程度はするので、設置容量にもよりますが
総額で100万〜300万程度は必要です。これがローンだともっと大変です。


屋根の角度や方角、ビルや森林などの周辺環境による部分的な影の発生などは発電量に大きな影響があります。

屋根の重さは、耐震性の観点からも軽い方がよいです。ただしソーラーの重さで屋根が壊れる場合と、瓦が壊れない場合と様々です。