太陽光発電に関するニュース|太陽光発電ソーラードットコム

太陽光発電に関するニュース

再生可能エネルギーで発電した電気の固定価格買い取り制度で、経済産業省は21日、太陽光発電の買い取り価格を2013年度から引き下げる方針を固めました。導入が拡大し、太陽光パネルの価格が約1割下がった点を反映させるためで、経産省は買い取り価格を議論する「調達価格等算定委員会」(委員長・植田和弘京都大大学院教授)で説明した。風力発電や地熱発電などは、導入量が少なく価格を据え置かれます。
 12年度の太陽光発電の買い取り価格は1キロワット時当たり42円でしたが、茂木敏充経産相は21日の講演で13年度は「30円台後半に引き下げることができるのでは」と述べました。経産省では37〜38円前後になるとみています。同省のまとめによると、出力1キロワット当たりの太陽光発電設備の設置費用は、新築住宅用(12年10〜12月期)が42.7万円と、12年度の価格算定で想定した46.6万円から下落。出力1000キロワット以上のメガソーラー(大規模太陽光発電所)は32.5万円から、28万円(12年10月以降)に低下しました。 

固定価格買い取り制度とは太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーで発電された電気の全量を、固定価格で買い取ることを電力会社に義務付ける制度で、2012年7月から始まったものです。

更新情報・お知らせ

2012/00/00
太陽光発電に関するニュース