太陽光発電の耐用年数|太陽光発電ソーラードットコム

太陽光発電の耐用年数

太陽光発電システムの法定耐用年数は17年と言われています。

耐用年数とは、減価償却の対象となる資産の利用可能な年数のことで、
減価償却資産を適正に費用配分するための年数のことです。

17年となる根拠ですが、
太陽光発電は自家発電設備の一種であり、「機械および装置」に該当します。

この場合の自家発電設備は、一般的には相当の規模を有し、かつ、その使用可能期間が比較的長いこと、
および各工業設備の法定耐用年数の算定の基礎に含まれていないことから、
各工業設備とは区分して別途掲げられている耐用年数を適用することとされています。
とりあえず、10年から12年で元が取れると言われますので、それから5年は最低持ってほしいですね。

なお、部分的な箇所でよく壊れるので、発電量が下がっておかしいと思えば検査してもらいましょう。

更新情報・お知らせ

2012/00/00
当テンプレートの詳しい使い方はこちらをご覧下さい。NEW
2012/00/00
ホームページリニューアルUP